2019年3月23日土曜日

THE NASH'S BLOG ARCHIVE


先日ふと思いました。
紙の媒体のBURNOUTは20年も続けて来て、形に
残っているけど、このブログというデジタルの文
章は、現在使っているGoogleが提供している
Bloggerと、その前はポータルサイトのKUSTOM
KULTURE .JP内のものと、さらにその前は現ラ
イブドアが提供しているドリコムブログと、各年
代であちこちに散らばっているよな〜と・・・。
そこで、一念発起して、今まで書いて来た膨大な
ブログの文章を、このBloggerで投稿しているTHE
NASH BLOGにまとめてみよう・・・と。

とりあえず、今から14年前の2005年3月12日のブ
ログ記事から30本ほど、こちらのTHE NASH
BLOGに投稿してみました。

いや〜、今から14年前に書いた自分のブログ記事
を読むとおもしろいし、懐かしいですね。

もちろんこれから随時、時間の許す限りすべての
記事をアーカイブとしてまとめていきたいと思っ
てます。
人によっては、初めて読む方もいらっしゃるでし
ょうし、人によっては懐かしいな〜と思う方もい
らっしゃるでしょう。
どちらにしても、お楽しみいただけたら幸いです。













2019年3月22日金曜日

やっぱスケボーは楽しい!

先週の土曜日に、52歳の誕生日を迎え、基本的にそ
の日はお店には行かなくてはいけなかったのですが、
出勤前にちょっとだけ家族で「今日は誕生日だから、
スケボーがしたいな〜」と思い、早起きしてみんな
で家から近い横須賀にあるうみかぜ公園に、スケー
トをしに行って来ました。



















娘がスケートをちゃんとしたのは、11ヶ月ぶりだっ
たのですが、子供の成長はすさまじく、約1年ぶり
にやったのですが、なんと立って滑る事が出来まし
た!
これにはワタシも、大喜び(笑)



















娘も立って滑る事が出来て、楽しそうです。

一方のワタシは、まともにスケートをするのは去年
の7月以来と8ヶ月ぶりだったので、とにかくこの日
はプッシュだけにしておこうと思い、まずはウォー
ミングアップとリハビリを兼ねて、プッシュでスケ
ートを楽しみました。
土曜日はそこまで気温も高くなく、うみかぜ公園は
名前のごとく、海風が強く、この季節はまだ海から
吹き付けて来る風も冷たいため、プッシュだけでも
風を切るため体感はなかかな寒かったのです。
自慢にもなんにもなりませんが、スケートで2回も
骨折をしているワタシは、スケートの怖さも知って
るので、無理は禁物とゆっくりプッシュだけを楽し
みました。
誕生日に骨折する訳にもいきませんからね・・・。

そして、2日後の3月19日(月)は、定休日という事も
あり、午後からゆっくりと家を出て、のんびりと家
族でスケートを楽しんできました。
























好奇心旺盛な娘は、着いてしばらくは前回同様平ら
なところで押したり引っ張ったりして、普通に乗っ
ていたのですが、突然何を思ったかランプがやりた
いと言いだしたため、ランプに挑戦させてみました。
その結果、上の写真のように重心を低くしてしゃが
めば怖くないし、バランスも取りやすいと本能で判
断したようで、しゃがんだ状態で何度もランプの斜
面をフェーキーしてたのです。
2歳時恐るべし・・・。

一方父のワタシは、この日は土曜日よりもかなり気
温も高くあったかかったため、ボウルに挑戦してみ
ました。














身体がまだほぐれてなく固かったため、一発コケま
したが・・・













その後も気を取り直し、慎重に挑戦し何回か滑って
楽しみました。

昨年の夏は、酷暑でとてもじゃありませんがコンク
リートの上でスケートなどする気もおきず、その後
は国内外の旅がずっと続き、あっという間に12月に
なり、年末からつい最近までは小田原を引き払い、
横浜の自宅とお店の引っ越しに追われ、気持ち的に
も季節的にもスケートをしようとはとても思えませ
んでしたが、ここにきてやっと春の陽気に誘われて、
しかも家から近いところにボウルのあるうみかぜ公
園があるので、またやる気になっているところです。

とにかくスケートは、ものすごいシンプルなのです
が奥が深く、リスクもあるにはあるのですが、この
歳になってもプッシュでもボウルでも、スケート自
体が出来てる事が本当にありがたい事だなと思って
います。













そしてこうして、家族と一緒に楽しめるのも魅力で
す。



















やっぱスケボーは楽しいな!
娘の初ランプの滑りを見てあげてください。


THE KALIFORNIA
〒231-0851
神奈川県横浜市中区山元町1-44-16
営業時間:11:00〜8:00
定休日:月曜日(ただし、月曜日が祝祭日の場合は
営業いたします。)



2019年3月21日木曜日

記念すべき第一回目

3月17日(日)に、当THE KALIFORNIAにて記念すべ
き第1回目のピンストライプ・スクールを開催いた
しました。
今回初めての試みという事で、午前の部と午後の
部の2回に分けて開催し、午前の部は定員の3名、
午後の部は2名の生徒さんが参加してくださり、盛
況の内に無事終了しました。
参加してくださった生徒さんの皆さん、ありがとう
ございました。

こちらのブログでは、その時のスクールの模様をお
伝えしたいと思います。

















自身のショップで初のスクールを行う前のCYNAR。
先生自体もとても楽しみにしていました。

















生徒さん用に用意された道具類。練習は透明のアク
リルボードにしていきます。その他、ウエス用のシ
ョップタオルや、ピンストライプ用ペイント1-SHOT
のうすめ液、ブラシ洗浄用のシンナー、練習用のア
クリルボードを消すためのシリコンオフ、紙コップ、
パレットなどが用意されています。

















テーブルの隅には、ピンストライプ関連の商品も充
実しています。
スクロール用のブラシ、レタリング用のブラシ、ブ
ラシボックス、ピンストライプがはみ出た時にぬぐ
うためのワイプアウトツール、1-SHOTの小分けした
商品などなど、練習が楽しくなる道具も豊富に取り
そろえております。

















いよいよスクールが始まりました。
午前の部は3名の男性の生徒さんたちが、受講してく
ださいました。

















直線の練習、カーブの練習、S字の練習などを一通
り経験したら、最後は先生の見本を真似て一つのピ
ンストライプのデザインを仕上げていきます。
これが、また楽しいんです!

















午前の部を受講してくださった生徒さんたちと、皆
さんが仕上げたピンストライプの作品。
お疲れ様でした。

















スクール後は、皆さんそれぞれの作品を見たりしな
がら、自分の作品と比べたりして、楽しそうに談笑
してました。
こういう時間が、また楽しいんですよね。












午後の部は、休憩をはさんで午後3時からスタート
しました。
午後は女性と男性の生徒さんが、1名ずつ受講して
くださいました。
ありがとうございました。
















2時間30分の授業が終わり、一つのデザインを仕上
げた午後の部の生徒さんたち。
お疲れ様でした。

今回は5名の生徒さん全員が、初めてピンストライ
プに挑戦する生徒さんたちでしたが、今後2回、3
回と受けていただく事により、さらに上達をしてい
くと思いますので、ぜひ次回もお時間がありました
ら受講してみてください。
もちろん、まったくの未経験の方、次回初という方
も大募集しております。

次回は、4月28日(日)に、同じくTHE KALIFORNIA
にて開催させていただきます。






















最後に、3月17日のスクールの模様を、動画にてま
とめてみましたので、こちらもよかったらご覧くだ
さい。



THE KALIFORNIA
〒231-0851
神奈川県横浜市中区山元町1-44-16
営業時間:11:00〜8:00
定休日:月曜日(ただし、月曜日が祝祭日の場合は
営業いたします。)

WEB SHOP:https://kalifornia.thebase.in

2019年3月14日木曜日

CUSTOMERS FROM SINGAPORE

きのうは、ムーンアイズの矢野くんがムーンに来た
というシンガポールからのお客様を、当店に連れて
来てくれました。

















彼らがシンガポールから来てくれた3人組です。
一番左の方が、2度目の来日らしく、あとの2人は
初来日だそうです。
東京、横浜に来る前は北海道でスノーボードを楽し
んで来たそうで、もちろん初めて見る、触る雪に感
動したそうです。
















こちらのケコアさんは、CYNARがデザインしたT.
P.W.25周年記念のTシャツを買って行ってくれまし
た。ありがとうございました。
彼も、シンガポールでインディアンを乗っているバ
イカーだそうで、他の2人もハーレートライアンフ
に乗っていると言ってました。
ワタシ自身は、まだシンガポールには訪れた事がな
いのですが、行ってみたい国のひとつです。
今年の1月に、シンガポールでカスタム・カルチャ
ーのイベントが開催されたという事で、来年はぜひ
行ってみたいです。
















シンガポールのお客さんを連れて来てくれたムーン
アイズの矢野くん。ありがとうございました。

ウチに来てくれた後は、カスタム・スタイルに行き
たいという事で、T.P.W.に3人を乗せてカスタム・
スタイルに送り届けました。

これからも、このような海外のお客さんが増えてい
くと嬉しいです。

THE KALIFORNIA
〒231-0851
神奈川県横浜市中区山元町1-44-16
営業時間:11:00〜8:00
定休日:月曜日(ただし、月曜日が祝祭日の場合は
営業いたします。)

WEB SHOP:https://kalifornia.thebase.in

2019年3月13日水曜日

PUMPKIN SALLY SHOP VAN LETTERING BY CYNAR

3月11日(月)は、お店の定休日を利用して小田
原のパンプキン・サリーにて、CYNARがお仕事を
させていただきました。

パンプキン・サリーでは、新しくショップバンとし
てシボレー・アストロを入手して、ホワイトにオー
ルペイントしたという事で、そのアストロの左右の
ドアとテールゲートにショップのロゴを入れて欲し
いという依頼でした。
















ワタシたちファミリーの愛車T.P.W.から、道具をお
ろすCYNARと娘のAI。


















早速作業に取りかかる、CYNARとお手伝いをする
娘のAI。最近娘は、ワタシたちの仕事を積極的に手
伝ってくれ、ひじょうに助かってます。




















今回は事前に佐藤さんが、ショップのロゴを希望の
サイズにコピー用紙に出力してくれていたため、そ
れをトレースして作業に入りました。

運転席側のレタリングが終わった時点で、ランチタ
イムとなりました。


















ランチは、パンプキン・サリーの近くにある定食屋
のあさひにみんなで行き、ワタシはコロッケ定食を
いただきました。

















CYNARとAIは、チキンカツ定食をシェアしてまし
た。佐藤さん、美味しいランチをご馳走様でした。
















ランチ後は、助手席側のレタリングに取りかかりま
す。
















夕方になり、テールゲートにもロゴを入れ、ライセ
ンスプレートの下にパンプキン・サリーのホームペ
ージURLを入れさせていただきました。

















佐藤さんも、気に入っていただようで、良かったで
す。

このようなレタリングの作業も承りますので、お気
軽にお問い合わせください。

佐藤さん、福ちゃん、ありがとうございました。

THE KALIFORNIA
〒231-0851
神奈川県横浜市中区山元町1-44-16
営業時間:11:00〜8:00
定休日:月曜日(ただし、月曜日が祝祭日の場合は
営業いたします。)

WEB SHOP:https://kalifornia.thebase.in

33RD STREET CAR NATIONALS BURNOUT MAGAZINE PICK

おとといの3月10日日曜日は、東京のお台場にて開催
されました「第33回ストリート・カー・ナショナル
ズ」にTHE KALIFORNIAとして初の出店をさせてい
ただきました。
当日は沢山の方がブースにお立ち寄りいただき、あ
りがとうございました。

天気も開催日の1週間前は、降水確率が100%だった
りしたのですが、奇跡的に好天となり、もうそれだ
けでも本当にラッキーだったと思ってます。

そんな中、毎年こちらのショーでは、メディア・ア
ワードとして「BURNOUT MAGAZINE PICK」とい
う賞を選ばせていただき、贈らせていただいてるの
ですが、今年は現在20歳の1955年式フォードF-100
のオーナーの井出さんを選ばせていただきました。
















※上の写真は、IGNITE誌の編集長石橋くんに撮って
もらいました。石橋くん、ありがとうございました。

実はこちらのF-100のオーナーの井出さんの事は、
ショーがおこなわれる10日ほど前の3月あたまに、
インスタグラムでたまたま存在を知り、プロフィー
ルに「二十歳にしてF100のオーナーやらせて頂いて
ます。アメ車大好きマンなので乗っている人仲良く
してください!!」と書いてあり、それを読んだ時
「へぇ〜二十歳という若さで50年代のオールドアメ
リカンに乗ってるんだ!?今どき珍しいな〜」と興味
がわき、速攻でフォローをさせていただいてたので
す。

そして、ショー当日BURNOUT MAGAZINE PICKを
どのクルマにしようかと、会場をウロウロしている
と、なんと先日フォローした井出さんのF-100が停
まっているのを見つけ、オーナーさんらしき方に話
かけてみると、まさにオーナーさん自身で、簡単に
自己紹介をさせていただき、このF-100をどのよう
にして手に入れたのか聞かせていただきました。
すると、元々は現オーナーの井出さんの叔父さん
(お父さんの弟さん)が20年近く前に乗ってたトラ
ックだったそうなのですが、NOX法で車検が取れな
くなり、何年も放置されてしまっていた車両だった
そうなのです。
しかし、現オーナーの二十歳の井出さんが、18歳の
時に仕事の転勤で静岡県浜松に行くこととなり、そ
れを機に元オーナーの叔父さんから譲り受け、乗る
ためのメンテナンスをおこない、そこから2年ほど
オーナーとして日々F-100と楽しい時間を過ごしてい
るという事でした。
またお話を伺っている途中から、井出さんのお父さ
んも話に加わり色々聞いていくと、元オーナーの弟
さんは18、19年ほど前にパンプキン・サリーにてこ
のF-100を制作したという事で、現オーナーの井出
さんが乗り出す時も、パンプキン・サリーでメンテ
ナンスをしてもらったという事で、たしかにリアウ
ィンドーにはパンプキン・サリーの当時の古いステ
ッカーが貼ってあったのです。


















若干二十歳の現オーナーの井出さん(左)と、彼の
お父さん。

実は昨年の2018年も、パンプキン・サリーの佐藤さ
んがビルドしたストレッチされたアダチさんのF-
100を選ばせていただき、その前(2017年はタイに行
っていて不参加だったので、2016年)もパンプキン・
サリーがビルドした、富塚さんの1935年フォードを
選ばせていただき、ずっとパンプキン・サリーがビ
ルドしたクルマばかりを選ばせていただいてたので、
まるで出来レースみたいに思われるのもイヤだなと
一瞬思ったのですが、事実として別に出来レースで
はないし、今年の井出さんに関してはお父さんから
お話を聞くまではこの黄色いF-100がパンプキン・
サリーが創ったクルマだとは知らなかったので、そ
れよりもやはり二十歳という未来のある若者が、
これだけ古い(今から64年前のクルマですからね・
・・)クルマに乗っているという事実がとても素晴ら
しいと思い、自分の気持ちに素直に従い、この井出
さんの1955年フォードF-100をアワードに選ばせてい
ただいたという訳です。
3回連続で、パンプキン・サリーの佐藤さんがビル
ドしたクルマを選ばせていただき、つくづく勝手に
ですが佐藤さんとの縁を感じましたし、今年の井出
さんのF-100はワタシのT.P.W.と同じ1955 年式という
事や、ワタシも今から32年前の二十歳の時に50年代
のオールドアメリカン(1959年ナッシュ・メトロポ
リタン)に乗り始めたので、色々な面で縁などを感
じた1日でした。

これからも、井出さんには大切に、楽しくこのF-
100と過ごしてもらいたいなと思います。
井出さん、BURNOUT MAGAZINE PICKおめでとう
ございました。


















クルマだけの画像はこちら。


















今年のアワードトロフィーは、このような感じにポ
ップシッコーのデッキに、CYNARにレタリングや
ピンストライプをドロウして仕上げてもらいました。
それでは次からは、ブースにお立ち寄りしてくださ
った方たちや、会場で撮らせていただいた方たちの
写真を掲載させていただきます。


















THE KALIFORNIAのTシャツを買っていただいた、
岩崎さん兄弟。ありがとうございました。

















10年ぶりに復活された、アートコレクターの星野さ
んも、THE KALIFORNIAのTシャツを買ってくださ
いました。
今度カプリス乗せてくださいね〜。

















いつも仲の良い、勇くん夫妻もサポートしてくださ
いました。ありがとうございました。

















フットワークの軽い、田谷夫妻。またどこかのショ
ーでお会いしましょう!

















なんと、20年ぶり??ぐらい、長年会ってなかった、
環八の頃のデトロイト・ジャンクのお客さんの南條
くんがブースに来てくれました。
ぜひ今度は、THE KALIFORNIAに遊びに来てくだ
さい。


















門司港アメリカン・スワップミートの主催者、秋山
さんもS.C.N.に初参加してました。
今年の門司港も、よろしくお願いします。

















アメリカからは、パット(左)と彼の弟が来日してま
した。
Hey guys!! If you have time,visit our shop!!


















今年でプロピンストライパーとして、30周年を迎え
るワイルドマン。ぜひTHE KALIFORNIAでも、何か
企画を考えさせてください。

















いつもお世話になっております、ムーンアイズの角
くん。
今年もお疲れ様でした。





最後は、千葉県のANDY'S ROD WORKSさんと一緒
にブースを出していた、フィーメールアーティスト
のSANDY。
これから注目のアーティストとなっていく事でしょ
う。
















最後に、うっかり写真を撮り忘れてしまいましたが、
ブースのお手伝いをしていただいた、井上さんもあ
りがとうございました。
また、よろしくお願いいたします。

このように、忙しくも楽しいストリート・カー・ナ
ショナルズでした。
みなさん、ありがとうございました。

THE KALIFORNIA
〒231-0851
神奈川県横浜市中区山元町1-44-16
営業時間:11:00〜8:00
定休日:月曜日(ただし月曜日が祝祭日の場合は営業いた

2019年3月8日金曜日

ピンストライプ・スクール開催します!

すでにインスタグラムや、Facebookなどでは告知済みな
ので、ご存じの方も多いと思うのですが、当THE KALI
FORNIAにてCYNAR講師による、ピンストライプ・ス
クールを開催いたします。

















今回は、THE KALIFORNIAにて「初めて」のスクール
開催なので、とりあえずはピンストライプ・スクールの
みの開催とさせていただきたいと思っております。

と言いますのも、当ショップはそんなに広い店内でない
ため、スクールを開催するにあたり店内にブラシを洗っ
たり、ペイントを薄めたりするシンナーのにおいがどこ
まで充満するのかがまだわからなく、またまだ2歳の娘
もいるため「とりあえず今回は、ピンストライプ・スク
ールのみを開催し、様子を見てみよう」という事になり
ました。
















以前は上の写真のように、青空教室で外でやっていたた
め、シンナーのにおいの問題などは特にありませんでし
た。

しかし、今回はせまい店内での開催なので、今度のピン
ストライプ・スクールでデータを取り、そういったシン
ナーのにおいの問題などがクリア出来れば、今後はレタ
リングやリーフィングなどのスクールなども積極的に開
催していきたいと思っていますので、ぜひその時はまた
ふるってご参加ください。

本日、2019年3月8日(金)現在、午前の部はすでに満員で
すが、午後の部はあと2名の方に受講出来ますので、興
味があるようでしたらお早めにご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

THE KALIFORNIA
〒231-0851
神奈川県横浜市中区山元町1-44-16
営業時間:11:00〜8:00
定休日:月曜日(ただし月曜日が祝祭日の場合は営業いた
します。)